漬けて焼くだけ。簡単な焼豚(チャーシュー)

豚肉をたれに漬け込んだら、あとはオーブンで焼くだけの焼豚のレシピ。簡単だけど本格的な焼豚が家でも作れます。
塩こうじをたれに使うことで、豚肉のたんぱく質が分解されて、やわらかジューシーにできあがります。

焼豚(チャーシュー)の常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

豚ももブロック(メモ1約450g

◎液体塩こうじ(メモ2大3

◎醤油大1.5

◎みりん大1

◎しょうが薄切り5枚

ざっくり作り方

豚肉はフォークなどで数カ所穴をあけ、ポリ袋に入れたら、◎に漬けて、できるだけ空気を抜き、冷蔵庫で一晩寝かせます。

1を冷蔵庫から出して室温に戻します。豚肉を取り出して、オーブンの金網にのせて(メモ3)、200度で15分焼きます。

2を裏返して、1の漬けだれを上からスプーンで適量かけたら、さらに15分焼きます。

あら熱がとれたら、お好みの厚さに切り分けて(メモ4)、完成。

お料理メモ

メモ1:豚肉の種類

私たちの好みで、赤身が多くて脂肪が少ない豚もも肉を使っています。お好みで、豚バラ肉や豚ロース肉でもよいです。

メモ2:液体塩こうじ

このレシピには調味料に、ハナマルキの液体塩こうじを使っています。
漬けるだけで肉が簡単に柔らかくなり、臭みもとれます。液体なので計量もしやすく、いろいろな料理の下ごしらえに使えます。

[ハナマルキ]液体塩こうじ(Amazon , 楽天

メモ3:焼くときは金網にのせて

肉は金網にのせて焼くことで余分な油が落ちます。金網の下に、クッキングシートを敷いた天板をおけば、そこに油が落ちるので、後片付けが楽です。

メモ4:切るのは冷めてから

あら熱がとれるまえに切ると、肉汁が流れ出てしまうので、ある程度冷めてから切るようにします。切らずに保存して、食べるときに切ってもよいです。

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ

容量:800ml