レンジ鶏チャーシュー

電子レンジで作れるお手軽な鶏チャーシューのレシピ。酒と酢の効果でくさみもなく、やわらかく仕上がります。さっぱりめの味付けで食べやすいです。ご飯にのせたりちょっとしたおつまみにもオススメ。
表示の調理時間は、鶏肉を漬ける時間を含まない目安の時間です。

レンジ鶏チャーシューの料理写真

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏もも肉1枚(約380g)

しょうが1かけ

◎醤油大2

◎酒大1

◎砂糖大1

◎穀物酢大1

ざっくり作り方

鶏肉は余分な脂を取り除き、フォークなどで数カ所穴をあけ、厚みを均一にします(メモ1)。しょうがは皮をむき、すりおろします。

耐熱皿にしょうが、◎を入れ、混ぜ合わせます。1を入れ、まんべんなくからめます。皮目を下にして、少しすき間をあけてラップをし、20分ほど漬けておきます。(メモ2

2を500wの電子レンジで6分加熱します(メモ3)。

ラップを取り、裏返します。再びラップをし、粗熱が取れるまで置いておきます(メモ4)。たれごと保存容器に移し、完成(メモ5)。

お料理メモ

メモ1:鶏もも肉は厚みを均一に

広げるとわかりますが、鶏もも肉にはくぼんでいる部分があります。はみ出ている部分やでっぱっている部分を切り取り、くぼんでいる部分にはめ込むと、厚さが均一になり、ムラなく火が通ります。

メモ2:耐熱皿のサイズとラップのかけ方

  • 耐熱皿は鶏肉に効率よく火が通るよう、広げた鶏肉がすっぽりおさまるくらいの、大きすぎず小さすぎないちょうど良いサイズのものがよいです。
  • 少しすき間をあけてラップをし、蒸気の逃げ道を作ります。

メモ3:様子を見て追加で加熱する

鶏肉の加熱後は火の通り具合を確認し、まだ生っぽい部分があるようなら、追加で30秒ずつ加熱してください。

メモ4:裏返して冷ます

裏返してラップをし、蒸しながら冷ますことで、味がまんべんなくしみ込みます。

メモ5:完成後の注意点

完成後は切り分けずに1枚肉のまま冷蔵保存してください。そして、食べるときに食べるぶんだけ切り分けます。完全に冷めるまえに切り分けると、肉汁が流れ出てジューシーさが失われてしまいます。

調理道具・調味料のご紹介

iwaki 耐熱パイ皿 Sサイズ(Amazon楽天
肉筋切り器 ミートテンダライザー(Amazon楽天
キッコーマン しぼりたて丸大豆生しょうゆ(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S

容量:800ml