辛くなくて食べやすい。豚肉の和風わさび漬け焼き

豚肉を調味液に漬けておけば、あとは食べたいときに焼くだけの簡単レシピ。焼くと、わさびのツンとした辛さはなくなって風味と旨味が残り、食欲をかきたてます。
漬けるだけなら調理時間は5分程度。写真は、調理後のものです。

豚肉の和風わさび漬け焼きの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

豚肩ロース薄切り肉(メモ1約320g

◎醤油大1

◎みりん大1

◎白だし大1/2

◎調味酢(メモ2大1/2

◎砂糖小2

◎わさびチューブ5cm

ざっくり作り方

豚肉はフォークなどで数カ所穴を開け(メモ3)、適当な大きさに切ります。

保存容器に◎を入れてよく混ぜ合わせ、1を入れて漬けたら、完成。(メモ4

食べるときは、20分以上漬けおいた豚肉を、弱めの中火でなるべく重ならないようにしながら焼きます。

お料理メモ

メモ1:豚肉の種類

レシピでは豚肩ロースの薄切り肉を使っています。豚肩ロースはコクと脂質が適度にあって食べやすいのが特徴です。お好みで豚ロースをお使いいただいても大丈夫です。

メモ2:調味酢

調味酢は、ミツカンのやさしいお酢を使っています。
穀物酢よりもまろやかでツンときません。このレシピの場合、調味酢がなかったらお酢は抜きでもいいです。

メモ3:豚肉の下ごしらえ

ロースはフォークや包丁で赤身と脂肪の境にある筋に切り込みを入れて「筋切り」をすると、焼くときに肉の縮みを防ぎ、火がムラなく通ります。
私の場合、肉筋切り器を使って数カ所ブスブスと穴を開け、柔らかくなるようにしています。肉の下ごしらえでよく使う、便利な調理器具です。

メモ4:保存方法

まんべんなく肉が漬けだれに漬かるよう保存容器に入れ、冷蔵庫で保存します。漬けた状態で3日冷蔵保存可能です。ジップロックなどで冷凍保存もできます。
焼くまえ(漬けた状態)と、焼いたあと、合わせて5日冷蔵保存可能です。たとえば、3日漬けてから焼いた場合は、2日以内に食べきるようにしてください。

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ

容量:800ml