50分で7品。夫婦で協力して作り置きをやってみた(2020/05/10)

夫婦で協力し、調理時間50分でおかず7品をまとめて作り置き。1週間分(平日3~4日)のおかずとともに、食材費や調理手順なども合わせて紹介します。

前回に続き、今回も特別編のレポートです。短時間で仕上げたくて、つくおきを6年運営してたぶん初めてだと思います。2人で分担協力して調理しました。

おかずは手間もかからず簡単に作れて、なおかつ自分たちのお気に入りのものを選びました。すべてレシピ掲載済みです。

もくじ

1. 今回の作り置きおかず

副菜5品、メイン2品の計7品を作りました。

身近な食材で作る、バランスのよい副菜です。のり塩バターポテトは子どもがすごく気に入ってくれました。メインは漬けて焼くだけで手間なし。下味冷凍もできます。

2. 今回の食材と食費

野菜

しめじ1袋(150円)

新たまねぎ1個(60円)

じゃがいも1個(60円)

ピーマン5個(140円)

にんじん1本(70円)

肉・魚・加工品

鶏もも肉350g(330円)

生鮭2切(500円)

ハーフベーコン4枚(100円)

スライスチーズ4枚(120円)

ちくわ3本(100円)

食材費は合計で1,630円です。値段は近所のネットスーパーなどを参考にして算出した、おおよその税抜き価格です。生鮮食品を半端に余らせることなく使い切れるので、そういう意味でもよい構成かなと思います。

3. 今回の手順やポイント

おかず7品の作った順番

調理時間: 50分

補足

コンロは2くち使います。
調理器具について
フライパン、片手鍋、オーブン、電子レンジを使います。
洗うマーク[]について
洗剤を使ってしっかり洗うときにチェックを入れています。
水で洗い流すだけ、キッチンペーパーでふき取るだけの場合は、チェックを入れていません。ゆでるときは、そのつど新しい湯を沸かしています。

分担 ひろき(夫) 望(妻)
ひたすら食材を切る 下準備
たまねぎチーズのオーブン焼き(オーブン)
にんじんをゆでる(片手鍋)
じゃがいも加熱(レンジ)
きのことベーコンのマリネ(フライパン)
にんじんナムル(和える)
のり塩バターポテト(フライパン)
鮭のみりん漬け焼き(漬けるだけ)
ピーマンとちくわのきんぴら(フライパン)
タンドリーチキン(漬けるだけ)
  • 明確に役割を分けました。夫のほうが料理に慣れていないので、単純でわかりやすい食材切りを担当。1つの持ち場(まな板の前)にいれば、おたがいの導線をジャマすることもありません。
  • ぶつかり防止のため、調理道具を取ったり、うしろを歩いたりするときは、声がけするように心がけました。
  • 妻は食材を切る手間がまるっと省けるので、基本的にはコンロ周辺にいて、切った食材を次つぎに調理していきます。
  • 夫は食材を切り終わって手があいたら、漬けるだけメインの仕込みをします。

はじめてにしては役割分担がうまくいって、結果的にいつもより早く終わらせられました。疲れ具合もいつもより軽かったです。

家族が増えました

前回と今回の特別編をやった理由でもあります。4月末に次男が誕生しました。時期が時期なので、外でリフレッシュやリラックスすることも難しいし、立ち会いなどのルールも変わるなど、正直不安はおおいにありました。まずは無事に産まれてホッとしています。

出産後しばらくは料理をする気力もなかったのですが、2人で協力してならできそうな気がして、ひさしぶりにキッチンに立つことができました。試してみてよかったです。

すぐめし献立

最新刊「すぐめし献立」。絶賛発売中!

“すぐに作れるご飯”、略して”すぐめし”。ラクに早く準備できる献立や、簡単おかずにフォーカスをあてて1冊の本にしました。
コチラで本の内容を簡単にまとめています。ぜひご参考ください。

4. 先週、先々週に公開したレシピと特集

よくあるご質問ページ

いままでにいただいた質問をまとめています。作り置きや料理に関する疑問の参考にどうぞ。

「つくおき」シリーズレシピ本のご紹介

累計110万部突破。これまでに出版した「つくおき」シリーズのレシピ本です。

レシピ本つくおき週末まとめて作り置き

《第3回 料理レシピ本大賞》大賞受賞

レシピ本もっとつくおき

シリーズ第2弾。つくおきがパワーアップ!

第3弾!生活パターンに合わせた作り置き

レシピ本つくおきのじみべん

第4弾!パターンで簡単。続けられるお弁当

レシピ本冷凍つくおき

第5弾!冷凍で作り置きが広がります