70分で10品。時短で簡単な週末まとめて作り置きレポート(2020/06/14)

2020年6月第3週の作り置き・常備菜レポートです。調理時間70分でおかず10品をまとめて作り置き。1週間分(平日3~4日分くらい)のおかずとともに、食材費や調理手順なども合わせて紹介します。

メインは漬けて焼くだけで、副菜は野菜1つで作れて、時短で効率のよいメニューです。すべてレシピ掲載済みです。

もくじ

1. 今回の作り置きおかず

副菜7品、メイン3品の計10品を作りました。副菜はほとんどが、野菜1つで作れます。

2. 今回の食材と食費

野菜など

ほうれん草1袋(180円)

ピーマン1袋(80円)

にんじん1本(60円)

じゃがいも1個(70円)

かぼちゃ1/4個(140円)

ごぼう1袋(130円)

ブロッコリー1株(220円)

レーズン30g(30円)

肉・魚・加工品

豚こま切れ肉300g(300円)

鶏もも肉400g(440円)

生鮭3切(500円)

食材費は合計で2,150円になりました。値段は近所のネットスーパーなどを参考にして算出した、おおよその税抜き価格です。おかずの品数のわりに、けっこう安くすみました。

3. 今回の手順やポイント

おかず10品の作った順番

下ごしらえ: 10分

手順 おかず 下ごしらえ
塩レモンから揚げ 調味料に漬ける
みそ豚 調味料に漬ける
鮭の竜田揚げ 調味料に漬ける

前日の夜に下ごしらえをしました。漬けるだけでとりあえず完成。食べるときに仕上げ調理します。

調理時間: 60分

補足

コンロは2くち使います。
調理器具について
フライパン、片手鍋、浅型両手鍋を使います。
洗うマーク[]について
洗剤を使ってしっかり洗うときにチェックを入れています。
水で洗い流すだけ、キッチンペーパーでふき取るだけの場合は、チェックを入れていません。ゆでるときは、そのつど新しい湯を沸かしています。

手順 火を使わない フライパン 鍋2つ
ゆでブロッコリー(片手鍋)
ほうれん草をゆでる(片手鍋)
ごぼうをゆでる(片手鍋)
かぼちゃのだし煮(両手鍋)
にんじんを塩もみする
酢ごぼう(和える)
じゃがいもをゆでる(片手鍋)
ほうれん草の白みそごま和え(和える)
焼きピーマンの塩こんぶナムル
カレーポテト(和える)
キャロットラペ(和える)
  • 前半は片手鍋で野菜をどんどんゆでます。ごぼうはゆで時間が少し長いので、並行して両手鍋でかぼちゃを煮たり、にんじんの塩もみをしたりします。
  • 酢ごぼうは熱いうちに作りたいので、ゆでたらすぐに和えます。ほうれん草とにんじんは、手があいたときに和えます。
  • じゃがいもは片手鍋でゆでたら、余分な洗い物を出したくないので、そのまま鍋で味付けします。
  • ピーマンも途中、手があいたときに焼きます。

次男(0歳)が途中でぐずりだしたので、バウンサーでゆらしながら調理しました。野菜1つで作れるおかずばかりなので、あやしながらでも、なんとかやりきれました。

「まとめて作り置き」に慣れないあいだは、肉や野菜を切るなどの下ごしらえを最初にまとめてやっておくと、そのあとあわてずに調理ができて、精神的にラクかなと思います。

晩ごはんの準備と一緒に

メイン3品の下ごしらえは、前日の晩ごはんの準備と一緒にやりました。やれるときにまとめてやったほうが、余分な洗い物も出さないですみます。

すぐめし献立

最新刊「すぐめし献立」。絶賛発売中!

“すぐに作れるご飯”、略して”すぐめし”。ラクに早く準備できる献立や、簡単おかずにフォーカスをあてて1冊の本にしました。
コチラで本の内容を簡単にまとめています。ぜひご参考ください。

4. 先週に公開/更新したレシピ

よくあるご質問ページ

いままでにいただいた質問をまとめています。作り置きや料理に関する疑問の参考にどうぞ。

「つくおき」シリーズレシピ本のご紹介

累計110万部突破。これまでに出版した「つくおき」シリーズのレシピ本です。

レシピ本つくおき週末まとめて作り置き

《第3回 料理レシピ本大賞》大賞受賞

レシピ本もっとつくおき

シリーズ第2弾。つくおきがパワーアップ!

第3弾!生活パターンに合わせた作り置き

レシピ本つくおきのじみべん

第4弾!パターンで簡単。続けられるお弁当

レシピ本冷凍つくおき

第5弾!冷凍で作り置きが広がります